© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com

夏アスパラは立茎(りっけい)栽培


立茎栽培とは・・・

 

春のアスパラを6月中旬ごろまで収穫したあと・・・・、一度収穫はストップします!

6月の下旬から畑をくまなく回り、剪定をしながら良い茎だけを残して、その茎をぐんぐんぐんぐんと伸ばして行きます。

伸びたアスパラは小さな竹林のようになります。

この竹林の部分が夏の強い日差しの下で活発な光合成を行って、その下の畑から出てくる若い茎の成長を促してくれます。

この若いアスパラが「夏アスパラ」なのです!

夏のアスパラは、竹林の中から宝物を探すようにして大切に収穫をします。

北海道では美唄で最初に定着した立茎栽培。とくに美唄では、アスパラ林から差し込んでくる夏の日光の美しさを表現して「こもれび栽培」と呼んでいます。

出荷している生産者も少なく、とても稀少なアスパラです。

​ギフトにも大人気!地方発送はこちらから

特徴

春のアスパラよりも色が薄くて見た目にも美しい夏アスパラ。

味は春のものよりもやわらかく、甘みがすっきりとしてくるので

鮮度の良いものは、生でサラダにするのがオススメです!!